WEB掻っ穿じり

WEBデベロッパー備忘録とチャリ

Adobe Reader XIがESET smart Securityインストール後に英語表記になる(Windows7)

  category:general

先日社内PCでWindows7 64bitの環境にキャノンのESET smart Security 7をインストールしたところ、Adobe Reader XIの表記が英語になり、言語設定を変えても改善しなかった時の対策、の備忘録です。

Adobe Communitiesでの投稿内容が参考になりました。

  1. ctrl + クリックでAdobe Reader XI起動、言語選択ができるダイアログボックスが出て選択するも改善せず。
  2. ウィンドウメニューの[ Edit ]- [ Preference ]の中の[ International ]からLanguageを日本語にするも改善せず。

改善策

Adobe Reader XIを英語表記のまま起動させ、ウィンドメニュー[ Edit ]から、[ Preference ]を選び、[ Security (Enhanced) ]を選択、左に出る項目から[ Enable Protected Mode at startup ]のチェックボックスを外す。
アプリケーションを再起動すると日本語表記。
再び、さっきチェックを外した[ Enable Protected Mode at startup (起動時に保護モードを有効にする) ]をチェックを入れて再起動、日本語表記のまま。

AdobeのフォーラムではVer.が少し違うのですが、変換ソフトの影響ではなく、キャノンでもトラブルシューティングが公開されておりますので、ESET smart Securityの影響でしょうね。

comments powered by Disqus