WEB掻っ穿じり

WEBデベロッパー備忘録とチャリ

Mac OS X 10.10 YosemiteをSDカードを使ってクリーンインストールしてみました

  category:general

Yaomite OSダウンロード画面

Mac OS X Yosemiteが正式にリリースされました。
OS X Mavericks同様、今回も無償で提供されるOSのアップグレード。やはりOSのアップグレードはクリーンインストールの方がいい気がするので、今回はブータブルUSBドライブを使ってインストールする方法でアップグレードしてみました。

調べてみると8GB以上であればUSBメモリでなくSDカードでもできるそう。
MacBook ProにはSDカードスロットがあるので、今回はSDカードでやってみました。

SDカード装着

やり方はまずは、App StoreからMac OS X Yaomite インストーラーをダウンロードしておきます。

ディスクユーティリティアイコン

ディスクユーティリティで先ほどのSDカードの内容を消去して、Mac OS 拡張(ジャーナリング)でフォーマット、GUID パーティションテーブルを作成します。
名前は「Untitled」にしています。
(当然ですがSDカード内のデータはすべて消去されますので、大切なデータが残っている方はバックアップしてください。)

次に、ターミナルを起動。

ターミナルアイコン

落としておいたYosemiteのインストーラをSDカードへ移すコマンドラインの指示をだします。

        sudo /Applications/Install\ OS\ X\ Yosemite.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/Untitled --applicationpath /Applications/Install\ OS\ X\ Yosemite.app --nointeraction
        

これをコピペしてreturn、次にログインPWを入力すると実行になります。

ターミナル コマンドライン実行中

ちょっと時間がかかりますが、しばらくすると処理を完了したと出ます。

ターミナル 処理完了

Finderを見るとYosemiteのインストール用のSDカードができています。

Finder YosemiteインストールSDカード画面

ここまできたらシステムを一旦終了します。
(クリーンインストールはデータを消去してインストールします。大切なデータはバックアップを取っておきましょう。)

そして、 option を押しながら起動します。

起動画面

こんな感じで起動するメディアを選べるので、OSのインストーラーが入っているSDカードを選びます。

Mac OX X ユージリティ

インストールの前に、今回はクリーンインストールなのでインストールの対象となるシステム構築用のHD、もしくはSSDをディスクユーティリティでデータを消去します。処理はあっという間ですので、くれぐれも自己責任で。

インストールするディスクを選択

そして、いよいよインストールです。あとはMacにまかせて待ちましょう。

インストール中

クリーンインストールは気持ち良いです。
ただ仕事で酷使しているアプリがあったり、あれこれハードウェアと連携している人はあまりお勧めできません。
リリース後も不具合などあるので、くれぐれも自己責任で。

comments powered by Disqus